2017.3.24更新

仮面女子候補生WEST×特殊メイクスタジオKID`S COMPANYコラボイベント

『シアター・オブ・ザ・デッド 恐怖のZライブ』

 メイキングレポート

 3月12に開催された仮面女子シアター×特殊メイクスタジオKID`S COMPANYコラボイベントの模様をレポート。特殊メイクアップアーティスト仲谷進の手によりゾンビと化した仮面女子候補生WESTが恐怖のパフォーマンスを繰り広げた!

仮面女子候補生WEST。左から星宮りり、渚りりか、上下碧、五比桐美憂、美音咲月

​最初はまだまだ可愛らしいが…

 2017年3月12日。仮面女子シアターではとんでもないイベントが開催された。仮面女子候補生WESTが特殊メイクによりゾンビと化し、その姿のままライブパフォーマンスをおこなうという恐ろしい企画である。特殊メイクを担当するのはKID'S COMPANY。特殊メイクアップアーティスト仲谷進先生が率いる特殊メイク工房だ。仲谷先生によるゾンビメイクは前年の大阪スポーツ企画「OSK-大人の社会見学-」でもおこなわれているが、今回はライブでの披露のため遠目からでもはっきりわかるように派手なメイクをすることになった。つまり、より激しくより怖いゾンビになってしまうということだ。これは相当に期待(恐怖)が高まる!

 実際に特殊メイク作業をするのは、仲谷先生をはじめとする5人のスタッフ。5人が総がかりで仮面女子候補生WESTメンバーをゾンビ化していく模様はある意味壮観。和気藹々な雰囲気の中、どんどん変わっていくメンバーの姿に驚愕を禁じえない…!

特殊メイクアップアーティスト仲谷進先生によるメイク作業でゾンビに変身!

​傷のベースとなるシールを貼られる上下。さわやかないい笑顔だ。

 ゾンビメイクをしていくため、まずは通常のメイクを落としておでこをアップにしなければならない。つまり、ほぼすっぴんのおでこちゃんになってしまうのである。それぞれ幼い顔になり、なんというか可愛らしい。ゾンビにするためにいったん幼く可愛くする、ゾンビメイク的〝上げて落とす〟であろうか。そこにメイクのベースとなる白塗りをするので、いわばお稚児さんみたいな雰囲気になっているメンバーまでいる。誰とはいいませんが!

リーダー美音咲月の肌にも傷シールがペッタリ貼られていく。

 白塗りおでこちゃんになったメンバーの顔にそれぞれ違った形の傷シールが貼られていく。ゾンビメイクにはさまざまな道具が使われるが、中でも代表的なのがゾンビにする色が詰まったゾンビパレット、死人化粧をするデスホイール、全身を死者の模様にしていく死斑スポンジ、そしてこの傷シールなのだ。シールを貼った上から、シリコン等を使いさまざまなメイクを施しておどろおどろしくリアルな傷にしていくのだ。作業台の上には使用予定のシールが並んでいるが、5人分ともなるとその量は壮観だ。だが、それを見て「なんかお惣菜みたい!」と言ったメンバーもいた。美音咲月である。どうした。そんなにお腹が空いていたのか。

お惣菜…みたいかどうかはともかく、これだけの傷シールがズラリとならぶと壮観!

 メイク作業は、白塗りや傷シール等のベースとなる作業その他をスタッフの方が行い、仲谷先生が順次細部まで作りこんでいく流れになっている。作業は長時間におよんだが待ち時間も多々あるため、その間は自撮りをする姿も見られた。なにしろ白塗りおでこちゃんで自撮りする姿は妙に可愛らしい。

 と思いきや、おでこを出すとなんだか男前になる五比桐であった。そこはかとなくタカラヅカ風なのは気のせいだろうか。

自撮りする星宮と五比桐。中学生みたいな感じになってるが…

髪を上げるとタカラヅカ風になってしまう五比桐であった

 傷シールが貼られると、それぞれがどんなゾンビになるのかがおぼろげながら見えてきた。特に激しそうだったのが渚と星宮。渚は口元が左にざっくり裂けて、まさに口裂け女という状態になっている。

ザックリ裂けた口元が痛々しい。正面を向けばさぞ恐ろしかろうと思いきや…

なんだか可愛い渚である。だがしかし、ここからどんどんゾンビ化していくのだ。

 口が裂け痛々しい感がでている渚だが、白塗りおでこちゃんが特に似合っていて妙に可愛らしい。というか、子供に見える。ゾンビメイクの副作用ともいうべき、新たな発見といえよう。

​ そして口のまわりをえぐられたような、ひときわ恐ろしいメイクをされる星宮。さすが怖さもセンター級か。ひときわ大きい傷シール…もはや傷というレベルではないが、顔の下半分にシールを貼られる星宮。ここまで大きいと、この時点でも十分怖い。それでも完成形を思えばまだまだ序の口なのである。​ 

一番派手なメイクをされる星宮。貼りつけるシールの大きさもすごい!

​5人のアイドルが次々とゾンビ化…!

着々と進んでいくメイク作業。よく見ると美音のふとももにも傷が!

 おおまなか作業の後は仲谷先生が細かいメイクを施す。肌がえぐり取られ肉が露わになった跡やざっくり切られた傷など具体的な破損状態をイメージしながらディテールを加えていくのだ。死ぬ前にどんな傷がつけられたのか、どういう状況で死んだのかというイメージをしっかり持ちつつ作業するのが重要と語る仲谷先生。そんなこだわりがリアルなゾンビメイクを生み出すのである。言いかえると、「ウォーキング・デッド」を観ながら「このウォーカーはこういう風に死んだんだろうなあ」といちいち思うくらいにゾンビのことを考える気持ちが大切!

​ それを前提に、完成形に近づきつつある上下を見てみる。「顔に食いつかれて肉をえぐられつつ死んだゾンビに違いない!かわいそう!」という気持ちになってくる。さらに「ゾンビになってしまったらラーメンも食べられない!それもかわいそう!」という気持ちも湧いてくる。かわいそうな上下ゾンビ!

​顔面を食い破られた挙句にゾンビ化。だが、悲しいという感情は彼女らにはもうない(妄想)

死斑スポンジで顔以外の部分も汚していく。あっというまに〝ゾンビの肌〟になってしまう。

 顔にはがっつりメイクが入り、手足にも傷ができてうなじや背中なども死斑スポンジにより完全にゾンビっぽくなっている。さらに髪もボサボサな感じにセットすると完全にゾンビ!上下、ゾンビ化1番乗りである。

​  そうこうする間に、他のメンバーも次々とゾンビ化していく。焼け爛れたような傷が痛々しいメイクをしていた美音も、三つ編みにした黒髪を乱れた感じにセットするとどこかで見たことがあるようなゾンビになってしまった。たとえるなら、ヒロインかと思ったら冒頭でいきなりゾンビ化してしまった主人公の恋人のような感じ。主人公に殺される最初のゾンビでもあり、その時の事を本物のヒロインに話してるうちにいい感じになるような、重要な(?)役回りでもある。美音ゾンビ、そんな雰囲気がしないでもない。

焼け爛れたような美音のメイクだが、この時点ではまだまだ可愛さも残る。

すっかりゾンビ化した美音!三角座りするゾンビというレアな姿。

 そして、やはり一番怖かった星宮ゾンビ!口周りがえぐられ歯はむきだしで、ものすごい迫力になっている。このメイクではさすがに口が開きにくいのではと思いきや、息苦しくもなく普通に話せるなど特に問題はないらしい。

さすが、星宮のメイクはこの時点でもけっこう迫力がある。それでも安定のWピース!

凄まじい怖さの星宮ゾンビ完成形!だが、その表情はにこやかだ(たぶん)

 およそ4時間の作業の末、ついに仮面女子候補生全員がゾンビと化した!この姿のままライブをおこなうというのだから恐ろしい限りだ。ライブの模様の前に、各メンバーのゾンビ形態およびコメントを紹介しておきたい。

​※コメント引用元 日刊アイドル http://www.alice-project.biz/report?id=771

​美音咲月「今回は特殊造形美追求武装芸術師団KID`S COMPANY様と特殊メイクをしてでのコラボライブをさせて頂きとても嬉しいです。ありがとうございます!いつもの仮面女子候補生WESTとは全く違う新しいライブが出来るのですごく楽しみです!ゾンビメイクということでファンの方に怖がられちゃうかもしれませんが笑顔いっぱいにライブをやりたいです!」

星宮りり「今回は特殊造形美追求武装芸術師団KID`S COMPANY様と特殊メイクをしてでのコラボライブをさせて頂きとても嬉しいです。ありがとうございます!いつもの私は『天使のポジ姫』というキャッチフレーズでやっているのですが今回はゾンビメイクをして『悪魔のポジ姫』としてファンの方にびっくりしてもらえるようにいつものように全開の笑顔で頑張りますので皆さん応援よろしくお願いします!!

上下碧「今回は特殊造形美追求武装芸術師団KID`S COMPANY様と特殊メイクをしてでのコラボライブをさせて頂くということでメンバー全員気合が入っています。今回の特殊メイクのテーマは”ゾンビメイク”ということでゾンビのメイクをした私達でも『可愛い』『カッコイイ』と言ってもらえるようにコラボライブ楽しんできます!」

渚りりか「今回は特殊造形美追求武装芸術師団KID`S COMPANY様と特殊メイクをしてでのコラボライブをさせて頂きとても嬉しいです。ありがとうございます!メンバーからは特殊メイクをしてもしなくても一緒とからかわれちゃうのですが普段の私より2倍可愛い『渚りりか』を皆さんにお見せしメロメロにできちゃうように全力でパフォーマンスするので応援お願いします!」

五比桐美憂「この度は特殊造形美追求武装芸術師団KID`S COMPANY様と特殊メイクをしてでのコラボライブをさせて頂くことになり驚愕しました!!アイドル×ゾンビという異色の掛け合わせでどんなライブパフォーマンスが出来るかすごく楽しみです!たくさんの方にこのレアなライブを見ていただきたいです!」

そして始まるナイトメア…シアター・オブ・ザ・デッド!

 2017年3月12日の仮面女子シアター休日2部公演。仮面女子候補生WESTの出番はスライムガールズWESTの後である。フルメンバー5人のスライムガールズWESTのパフォーマンスで盛り上がった雰囲気の中でステージは暗転。その暗闇の中に、仮面女子候補生WESTのメンバーが躍り出る。仮面をつけているため顔は見えないが、激しく踊っている手足には遠目からもわかる傷が見えている。照明があたるたびに、暗闇に生々しい傷が浮かび上がる。そして満を持したかのように仮面をはずす5人。そこには、おどろおどろしいゾンビと化した顔が!

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!

「おれはアイドルのライブを観ていたと思ったら、いつのまにかゾンビに会っていた」

 思わずそんなことを言いたくなるようなインパクト!しかも、ステージ映えするように、すなわち大きく派手なメイクをしたという仲谷先生の言葉通り遠目から観ても完全にゾンビ!シアターの一番後ろから見ても「あれはヤバイッ!」というゾンビが5人並んでいるのだ。そして、激しく歌い踊っているのだ。しかも、1曲目は誰もがノレるハイテンション曲『元気種☆』!ゾンビなのに元気だね!まさにシュールでありカオス!こんなアイドルライブ観たことない!

 以降のセットリストも『ハピ☆ハデ』『カワユシ❤アラワル』『アドベンチャー』『夏だね』とハイテンションな曲ばかり。その元気になれる楽曲の数々で、5人のゾンビは熱く激しくシアターを盛り上げる!ゾンビなのに元気!ゾンビなのにアイドル!そんな突拍子もないパフォーマンスをゾンビなここまで本気でやるのは、仮面女子候補生WESTとKID'S COMPANYだけ!  

 MCでは仲谷先生をステージに招き、ゾンビメイクのポイント等を語ってもらう。仲谷先生、気のせいかじゃっかん緊張気味である。

 なお、この企画の模様はKID'S COMPANYのインターネット番組『ARTisTV』でも放送されるのでぜひチェックしていただきたい。放送日は2017年3月30日22時から。番組アドレス→https://freshlive.tv/smfxkids/97608。見逃してもバックナンバーとして観る事ができるので安心だ!

​ ホラーでシュールでカオスなライブはさらに続く!

 さすがアイドルといえるのは、こんなに怖いゾンビメイクなのにしっかり笑顔になっているところ。スマイルゾンビ。これもまた新しいジャンルかもしれない。

 最後の『夏だね』では、一番怖い星宮ゾンビがボートに乗りシアター内を大航海!ファンの上で運ばれるボートの上で満面の笑顔で手を振る星宮。それをたたえる様に観客の歓声が上がりステージから射出される白い帯が舞い飛ぶ。暗黒結社仮面教団の儀式と言われても「ウム。そうかも」と思ってしまう不可思議かつハイテンションな光景である。

​ そんな異常なテンションのまま、仮面女子候補生WESTとKID'S COMPANYによるコラボイベントは幕を閉じた。かわいいアイドルライブとは一線を画すカオスなイベントとなったが、このようなさまざまな試みがされるのも仮面女子シアターならでは。今後もこのようなインパクトのあるスペシャルライブの開催に期待していきたい!

「仮面女子シアターで待ってます!」

仮面女子候補生WEST

美音咲月(みねさつき)、渚りりか(なぎさりりか)、星宮りり(ほしみやりり)、上下碧(うえしたあお) 、五比桐美憂(ごひちぎりみゆう)

最強の地下アイドル「仮面女子」の候補生として、2015年大阪にて結成。同年行われたデビューライブでは、候補生ながら200人以上の動員を達成した。2016年12月6日オープンの仮面女子シアターでは連日ライブを開催中!

「仮面女子シアター」

住所 大阪市中央区島之内2-6-34

TEL 06・7507・1911

​公式サイト http://www.alice-project.biz/theater/

仲谷進

特殊メイクスタジオ「KID'S COMPANY」主宰

 

関西を代表する特殊メイクアーティスト。1992年、特殊メイクスタジオ「KID'S COMPANY」を大阪に設立。映画やコマーシャル、テレビやイベントなどの特殊メイク、特殊造形を幅広く手がける。一般の人でも気軽に特殊メイクを楽しめるようにと、ワークショップやイベントも積極的に行っている。