呑んだ後に甘いものがほしくなるすべての人へ

2016.12.23更新

スイーツバー『White Bunny』で〆パフェ

 吞んだ後につい欲しくなるのが甘くて冷たいもの。コンビニによってアイスを買うのもいいが、それよりパフェ!吞んだお店でそのままパフェ!これがまた最高に旨いのだ。これが、いわゆるひとつの〝〆パフェ〟なのである。

 お酒を呑んで後の甘いものは旨い。冷たくて甘いものはなお旨い。さらにいうと、アイスもフルーツもお菓子もいっぺんに食べられるパフェを食べるとますます旨い。実際そう思う人は多いようで、札幌ではシメパフェ文化なるものがあるらしい。お酒も呑めてパフェも食べられる。そんなお店がひそかに流行り、いまや定着しつつあるというのだ。

​ そんなシメパフェを大阪に持ち込んだのが、心斎橋のスイーツバー「White Bunny」だ。

​ 

自分好みのパフェをカスタマイズ!

​普通のバーとしてもしっかり使えるのも嬉しいところ。

 スイーツバー『White Bunny』の店内は、白を基調にした入りやすい雰囲気。カウンターには駄菓子やカップラーメンなど、「酒呑んでて目の前にあったらつい食べたくなりますよね」というものがズラッと、というほどではなくともそこそこ並べられている。「あったら嬉しい物をなんとなく揃えたらこうなりました」という、いい意味での適当さを感じるじゃないですか。しかも、バーシステム自体チャージ500円ドリンク500円~という使いやすい値段!

 こんな感じでバーとしても使いやすい『White Bunny』だが、とりあえず目当てはパフェ!どんなパフェが揃っているのか、〝ホットドッグにいさん〟まこっちゃんに聞いてみた。

〝ホットドッグにいさん〟まこっちゃん。楽しいお酒を呑ませてくれるイイ男です!

 「パフェって何種類くらいあるんですか?」と聞いてみると、まこっちゃんは言った。「あえていうなら、無限大ですね!」。無限大!? それ言いたかっただけちゃうか?と思いきや、実は本当に無限大。正確にいえば〝気持ち的には本当に〟無限大だった。

​ 説明を聞くと、まずシメパフェはTALL400円、GRANDE600円、VENTI930円と種類の大きさになっている。このへん、どこかのコーヒー屋で見たことあるようなサイズ展開だが、むしろわかりやすい。下の画像の左からVENT、GRANDE、TALL。ひとりで食べるならGRANDEでおなかいっぱいではないだろうか。​ 

シメパフェのサイズは左からVENTI930円、GRANDE600円、TALL400円

 サイズを選んだらここからが本番。メニュー表からゼリーやフレークの種類、トッピングやフルーツ、アイスの種類などを選んでいく。項目が多すぎて最初はビックリするが、好きなものを選んでいけばいいのだから楽しい作業だ。と思いきや、ちょっと悩む。むしろかなり悩む。白桃かパインかで悩む。バニラアイスかチョコアイスか、いっそジェラードにするか。トッピングに雪見大福とかめっさ旨そうやん。そんな感じで悩みつつチェックをつけていくのが楽しい。

大量の項目が書かれたメニュー表。ラミネートされているので直接チェックOKだ。

 チェックが終わったメニューをまこっちゃんに渡せば、あとはのんびり呑みつつパフェができあがるのを待てばいい。せっかくなので、その工程をボケッと見ていきたい。

​目の前で作られるパフェにテンション上がる!

​生クリームもたっぷり。苦手な人には生クリーム無しの選択肢もある。

​ブルーベリーチーズケーキのアイスを選んでみました。

​猫の顔が描かれたクッキーがちょっとめんこい。

 TALLはワイングラスに盛られるが、ひとりだとこれでちょうどいい大きさだ。っガッツリいきたい人はGRANDE、VENTIは2人で食べて十分というところか。

GRANDEやVENTIになると、フレークやフルーツなども思った以上にたっぷり。

​細かいオーダーから、しっかりパフェを作るまこっちゃん。真剣な目元が鋭い(ということもない)

GRANDEはアイス2つでかなりのボリューム。これで600円は嬉しい限り!

930円のVENTI。ひとりで食べるとかなりガツンとくるが、挑戦してみてもいい旨さ!

 自分好みのカスタマイズで出来上がったパフェ。当たり前だが好きなものしか入っていない。甘くて冷たくて、とにかく旨い。吞んだアルコールが全部すっきりしていく感じだ。シメパフェ、これは確かにかなりいい!

ホットドッグも各種用意!

 『White Bunny』​で人気なのは、実はパフェだけではない。ホットケーキやプリンもあるし、なにより嬉しいのがホットドッグ。チーズやスパイシー、キムチにツナマヨ、ポテサラなどバリエーションもいろいろ!まこっちゃんが〝ホットドッグにいさん〟と呼ばれるのは、おいしいホットドッグを作るからなのだ!

パリパリのウインナーがおいしいホットドッグ(600円)。食べ応えあるで!

 リーズナブルにお酒を呑んで、ホットドッグを食べて〆に自分好みのパフェを食べる。これは本当に楽しい吞み方だ。なお、メニューにあるように「パフェの選択肢が多すぎてめんどくさい!」という人は「チョコパフェっぽいやつ」とか「イチゴっぽいのん」「ガッツリくるやつ」など、ざっくり伝えれば希望にあったパフェを作ってくれる。そのへん、適当にゆるく楽しめるのも嬉しいってもの!

今回のおすすめひとり呑み代

チャージ 500円

生ビール 500円×2

ホットドッグ 600円

パフェ GRANDE 600円

合計2,700円

※税別 

 

スイーツバー「White Bunny」

TEL 06・6210・5541

営業時間 19時~翌7時

 

大阪府大阪市中央区東心斎橋2-7-22 日宝シルキータワー2F