2019.1.26更新

「Kiss Bee WEST」小山涼香と「カラフルスクリーム」れんが大変身!

吹田大宮 高浜神社で憧れの巫女体験

 マンガなどの影響もあり、憧れる女の子も多いという巫女装束。今回は、「いつか巫女さんになってみたかった!」というアイドル2人が本格的な巫女装束で大変身! もちろん衣装だけでなく、巫女としてのお仕事もしっかり体験していただきました!

※大阪スポーツ連載「前川元・岡力のこれってええやろ大人の社会見学~OSK~」を当サイト用にアレンジした内容です。

GEN_6962_R.jpg

左 「Kiss Bee WEST」小山涼香  右 「カラフルスクリーム」れん

​巫女装束で参拝、境内のお掃除

 今回は「Kiss Bee WEST」小山涼香と「カラフルスクリーム」れんの17歳コンビ(取材時)が“巫女体験”に挑戦! 吹田市にある高浜神社にて、本物巫女装束に身を包み作法や行事をしっかり学ぶという1月にふさわしい企画である。高浜神社はJR吹田駅から徒歩7分。静かな住宅街の中にあり、地域の憩いの空間としてはもちろん催しの会場としても親しまれているという。

GEN_6869_R.jpg

​手水舎にて手と口を清めるのが最初。奥は高浜神社権宮司の岡本朋子さん。

 さっそく、高浜神社権宮司の岡本朋子さんの手で巫女装束の着付けをしていただいた2人。「念願の巫女になれました!」「ずっと着てみたかったので、すごく嬉しいです!」と、小山もれんも満面の笑顔だ。

 「まずは手水で身を清めます。それから参拝しましょう」と岡本さん。教えに従い、手水舎で手と口を清める2人。

GEN_6893_R.jpg

 もちろん、参拝にもしっかりとした作法がある。二拝、ニ拍手、一拝の流れだが、「拝は90度の礼、拍手は右手を下にずらしてください」(岡本さん)というように細かな部分も覚えなければならない。「細かく覚えるのが大変!」と言いつつ、小山もれんも楽しそうだ。

​ しっかりと(?)参拝を終えた2人に竹ほうきが渡された。次は境内の掃除である。これは巫女にとって本当に重要な仕事であり、決して「巫女さんといえば竹ほうきで掃除!これが鉄板ですよね!」というイメージ優先でさせるわけではない。わけではないが、画像は多めに掲載する。

GEN_6939_R.jpg
GEN_7021_R.jpg

 たくさんの落ち葉を集めてしっかりと掃除に励んだ2人に感想を聞いてみた。掃除は学校の当番でしかしないので新鮮でした!」と小山が言えば、れんも「普段ほうきを使うことがないので、これもガチ体験です!」といつものいい笑顔。2人とも、掃除にあまり縁がなさそうな感じだ。普段から普通にしといたほうがいいと思うが。掃除は。

​玉串も自分たちで作ります!

 社務所に移動し、次は神前儀式に関するさまざまな作法を学んでいく。まずは「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」に関して。「玉串」とは、神様は宿るとされる榊(さかき)という木の枝に紙垂(しで)や麻などを結びつけたもの。「奉奠」とは「謹んで供える」という意味で、つまり「玉串奉天」とは「玉串を神様にお供えする儀式」のことなのである。

​ 今回は、その「玉串」を作るところから体験することになったのだが…。

GEN_7035_R.jpg

工作的なものが苦手な(?)れんを手伝ってあげる小山。微笑ましい。

 岡本さんから紙垂の折り方などを細かく教えてもらい作業していく2人。れんはこういう作業が苦手なのか、「あれー?なんか違う…」と首をかしげている。それをお手伝いする小山。微笑ましい。

GEN_7065_R.jpg

できあがった紙垂を結びつけて…

GEN_7074_R.jpg

できました!

 さらにお神酒を三々九度で飲む、福鈴を振るなどの所作を習ううちに2人の巫女姿もどんどん板についてきた。

GEN_7120_R.jpg

お神酒を注ぐほうも受けるほうも真剣な表情!

GEN_7096_R.jpg

できました!

と思いきや、どうしてもニコニコしてしまう様子のれん。

GEN_7141_R.jpg

福鈴を頭の上で振る所作もしっかりしてます!

​ 「玉串奉奠」の所作もしっかり教わり、次はいよいよ本番だ!

巫女正装に身を包んで正式参拝!

GEN_7174_R.jpg

巫女正装になってさらに巫女としての雰囲気が上がった小山とれん。

​ 先ほどまでの巫女常装から、豪華な装飾を施した前天冠(まえてんかん)をつけ千早(ちはや)を羽織った巫女正装になって神殿に現れた小山とれん。なんというか、ものすごいパワーアップ感がある。

 おごそかな雰囲気の中、正式参拝の儀式が始まった。2人の表情にはさすがに緊張が見られる。先ほど教わった「玉串奉奠」だが、教えてもらったとおりにやれば大丈夫!

GEN_7181_R.jpg

​堂々とした表情で玉串を捧げる小山とれん。

 玉串を両手に持ち、そして神前に捧げる2人。この時、捧げるものに息がかかってはいけないため持つ位置が高すぎてはいけない。気をつけなければならないポイントだが、2人ともしっかりとクリア。「玉串奉奠」は滞りなく終了した。

​ 儀式が終わると太鼓の音が高らかに鳴り響いた。

GEN_7193_R.jpg
GEN_7205-2_R.jpg

 そして、宮司さんから​「みなさんのような若い世代に礼儀作法、日本の伝統文化継承をお願い致します」とのお言葉が送られた。それを聞いて感無量といった表情を浮かべる小山とれん。

​ その後は絵馬も書かせていただくことになった。「何を書こうかな~」と真剣に悩んでいた2人が書いた願いとは?

GEN_7236_R.jpg

小山涼香「みなさんが、これからも何事もなく平和で暮らせますように」

れん「もっともっとカラフルスクリームがいろんな人に知ってもらえますように」

​小山、願いが大きい!​ 

GEN_7237_R.jpg

 最後にこの日の感想を聞いてみた。

小山「神殿ではライブ前のような緊張感がありましたが、自分らしくできました。特別な経験ができて嬉しかったです。もちろんグループの発展も願いました!」

れん「子供の頃から綺麗な巫女さんに憧れていました。まるでマンガの世界に飛び込んだ気分になりました。教えていただいた作法はわすれません!」

​ 2人とも、2019年の活躍に期待しています!

※今回の吹田高浜神社での巫女体験は、事前に予約すれば一般の方も体験可能(有料)。詳しくは神社HPをごらんください。

​編集/前川元

『吹田大宮 高浜神社』

天平7年(735年)には存在した古来有名な大社。近年、一般の方に巫女体験を実施。また地元商店街が主催し訪日外国人向けに忍者教室やアイドルフェスも行っている。事前に予約すると本格的な巫女体験(有料)が可能で、参拝者だけでなくアニメファンやインバウンドからも注目を集めている。

大阪府吹田市高浜町5番34号

​HP http://takahamajinjya.kir.jp/

「Kiss Bee WEST」小山涼香

2001年7月16日生

ニックネーム すず

​「カラフルスクリーム」れん

2001年1月5日 生

ニックネーム れんれん、れんこん