2017.2.25更新

​「来て楽しい、買って楽しい、食べて楽しい」テーマパークへ!

キャラメル☆リボン in めんたいパーク大阪ATC!

 どこを見ても明太子!とにかく全部が明太子!「来て楽しい、買って楽しい、食べて楽しい」テーマパークで、キャラメル☆リボンの3人が明太子の知識とおいしさをしっかり勉強してきました!

※大阪スポーツ連載「OSK 大人の社会見学」をサイト用にアレンジした内容です。

左から吉仲葵(よしなかあおい)、上野天音(うえのあまね)、深田聖奈(ふかたせいな)

 キャラメル☆リボンの3人がやってきたのは「めんたいパーク大阪ATC」。2016年11月にオープンした、いわば明太子のテーマパークである。明太子といえばご飯と食べてもお酒のアテにしても旨いという魅惑の食材であるが、全員が10代のキャラメル☆リボンのメンバーにとってはどうだろうか。そのへんを聞いてみると、上野は「大好きです!」ときれいな挙手。深田は「普通です…」という感じで、吉仲は「実は食べたことがないんです」とのこと。つまり、10代のアイドルの3割以上が「明太子大好き!」であり、残りの7割も「嫌いじゃないよっ!」「君のこと、もっと知りたいよ!」であるので、結局のところ全員が「めんたいこ、だいすきだよっ!」という気持ちでいるわけだ。なるほど。

 そんなモテモテ明太子の事が楽しく勉強できる。それが「めんたいパーク大阪ATC」なのである!

明太子のことがまるっとわかる​めんたいラボへ!

エアシャワーの洗礼を浴びる上野。なんだか楽しそうですごくいい笑顔!

 パーク内は明太子のことが学べる「めんたいラボ」という食育ゾーンと、直売やフードコーナーなどの2つのエリアに分かれている。まずはめんたいラボを見学! 早速行こうとすると、ガイドの方から待ったが入った。「ぜひ、ここを通ってください!」。見ると、空港の保安検査を思わせるゲートがある。ややSFチックな感じがしないでもないきれいなゲートだ。いい笑顔で「通りま~す」とゲートをくぐった上野を強風が襲った。ゲートの枠から、まるでエアダスターのような激しい風が吹き出しているのだ!上野のきれいな黒髪がグシャグシャに乱れる。その姿、まるでメドゥーサ!「工場には、このエアシャワーでチリひとつない状態になってから入るんです」と説明してくれるガイドさん。なるほど、そういうところから体験できるのか!おかげでいい絵が撮れました。

 という次第でエアシャワーをクリアし、ルートにそって明太子のことを学んでいく3人。

「こんなに!」と、スケソウダラの卵の大きさにびっくりの吉仲。

 「スケソウダラの卵だけが明太子になる!」「明太って文字がはじめて使われたのは1962年!」「明太子が初めて商品化されたのは明治時代!」。明太子に関する解説を読みつつキャッキャと進む3人。「あれを見てみます!」と、吉仲が面白そうなものを見つけた。「親年齢と卵の大きさ」というコーナーで、スケソウダラの年齢ごとの卵の大きさがひとめでわかるイラストだ。8歳以上ともなると、卵は本体の腹部のほとんどを占めるほどの大きさになっている。最大で1kgほどにもなるとのことで、とにかくでかい。

 その横は「魚卵食の親子関係」というコーナーで、魚のイラスト下の小窓をのぞくと、その卵がなにかわかるようになっているようだ。「えーと、サケの卵はイクラ!これ知ってる」「キャビアってチョウザメの卵なんだって!」「トビウエの卵はトビコって、そのまんま!」。キャッキャいってる3人だが、やってることは3人の女の子がしゃがんで小窓を覗き込むという地味な行為だ。そしてややシュールでもある。

魚の親子関係を学ぶべく、絵に描かれた魚の卵が見える小窓をのぞく三人。なんかヘン。

 さらに明太子について学んでいく3人。順に進んでいけば、収穫から加工まで明太子に関するあらゆることがわかるのだ。明太子が好きな人はますます、そうでもなかった人も興味がわいてくる楽しい作りになっている。

ロマンを感じる動画コーナーでポーズを決める深田。やたらとサマになっている。

明太子のできるまでを順を追って学ぶことができる。

タルの重さを体感できるコーナーでは2人がかりでがんばって持ち上げる姿も。

 壁には工場内で実施されているという〝かねふく体操〟の解説等が描かれている。その前で、解説と同じポーズをする3人。この違和感のなさはなんなのか。ちなみに〝かねふく体操は30年以上前から始まったもので、作業前に体操して体や指先をほぐすものだとか。作業着のままでもやりやすいように、動きにいろいろな工夫されているらしい。おいしい明太子を作るために、あらゆる工夫がされているということか。

壁面の絵に合わせてポーズをとる3人のほのぼの感がすごい。

めんたいラボの作業風景を見学

よくよく見てみると、作業に応じてエプロンの色が分かれている。効率的な工夫!

 めんたいラボでは、実際に明太子を商品化していく作業を見ることができる。ガラス越しに見ると、白衣に帽子、マスクに手袋と重装備の人たちが大量の明太子を前に作業している。手際よく作業する人たちを見ながら、「エプロンがピンクの人と水色の人に分かれている!」と発見する深田。ガイドの方の「明太子の選別をする係、軽量をする係という風に色分けしているんです」という説明に「なるほどー!」と一同納得の様子。さらに「手袋が青いのは、明太子を持って作業しやすいからですか?」と聞く上野には、ガイドの方も「そのとおり!鋭いですね」と驚きの表情。褒められてドヤ顔の上野だが、「いや、そこに書いてるし!」と吉仲からツッコミが入った。そうなのだ。ガイドの方がいなくて明太子のことがしっかり理解できるように、丁寧な解説がそこかしこに書かれているのだ。上野、めざとくチェックしていたようだ。

明太子製品を運んでいくベルトコンベアーの動きに夢中の3人。

 緻密な手作業と機械作業による生産ラインは、見ていて飽きることがない面白さ。特にベルトコンベアーはクセになる動きで、ついつい見入ってしまう。そして、当然のように誰もがこう思ってしまうはず。「明太子、食べたい…!」と。

​誰もが気になるめんたいソフトクリームも!

無料の試食コーナーで食べられるのは、もちろんできたての明太子!

明太子をどんどん好きになってきている深田と吉仲。ほくほくの笑顔!

 そして、いよいよ待望のフードコーナーへ。めんたいソフトクリームや明太豚まん、明太おにぎりなどメニューがたくさんあり、明太子の試食コーナーもある。まずは試食コーナーへ!ステージ衣装で試食コーナーに並ぶアイドル。かなりレアな情景である。試食とはいえけっこうな量のできたて明太子をいただくと、明太子好きの上野も「ここのは特別おいしいです!」とホクホク笑顔。「普通です」と「食べたことがない」の深田と吉仲も、大満足の笑顔でもはや明太子ファンと化している。

明太子の調理もしっかり見ることができる。おいしさを味わった後だけに興味津々だ。

 そして次は「めんたいソフトクリーム」を食べてみることに。名前を聞いても味の想像がつかないが、果たして甘いのか辛いのか…?パクッと食べる3人。しばし味わったのち、口をそろえて「おいしい!」と叫んだ。甘いのか辛いのかといえば、「甘くて辛いです!」「辛いけど甘いです!」という。どうやら、甘くておいしいソフトクリームの中に、ほのかにピリリとつぶつぶ明太子の辛さがあるとか…。甘さとしょっぱさのブレンドとは複雑なうまさだが、とにかくすこぶる旨いらしい。これは食べてみる値打ちおおいにありということですな。

甘いけど辛い!辛いけど甘い!不思議なおいしさのめんたいソフトクリーム。

 さらに明太子ぶたまんも。これは絶対おいしいに決まってるやつ!しかも大きい!がぶっと食べて、「おいしい~!」とじたばたする3人。冷たいものも熱いものもなんでもおいしいめんたいパークなのである。他には明太子おにぎりも人気商品で、ひとつでお腹いっぱいになるほど大満足のボリュームとおいしさ!ぜひお試しいただきたいところだ。

​おみやげ充実!クレーンゲームでお菓子もGET!

 お腹も気持ちも満足した後は、明太子商品充実の直売コーナーを見てみることに。できたて明太子はじめ、「いわし明太」「紅さけ明太」「さば明太」など、「とにかく明太子を挟めば旨い!」という大正解な商品がズラズラある。どれを観てもご飯がガンガン進みそうなものばかり!もちろん、大人にとってはお酒のアテとしても最高である。キャラメル☆リボンの3人にはまだ先の話であるが…と思っていたら、3人の姿が見えなくなっていた。探してみると、めんたいこのお菓子がとれるクレーンゲームのところで盛り上がっている。

おいしい魚とおいしい明太子の組み合わせで旨さ無限大の「紅さけめんたい」!

おいしさオーラしか感じられない「明太もつ鍋セット」

 クレーンゲームの景品はめんたいこを使ったお菓子の数々。「めんたいポテトチップス」や「めんたいコーンスナック」など、これまたおいしそうなお菓子がケースに詰まっている。「めんたいポテチがほしい!」と盛り上がる3人。キャラメル☆リボンvsクレーンゲームの戦いである。気合をいれてクレーンを操作するのは上野。深田と吉仲の声援を背に、真剣な表情でボタンを押す!

「めんたいポテトチップス」を狙って気合を入れる上野。

 クレーンは狙いのお菓子をしっかりキャッチ!「やったー!」とめんたいパークに響き渡るような声で盛り上がるキャラメル☆リボン。なにしろ抜群のボーカル力を持つ3人なので、歓声も激しく響くのである。だがしかし、満面の笑顔の上野が取り出したそれは、ポテチではなく「めんたいコーンスナック」であった。「あ」…」と目が点になる3人。だが、食べてみるとやっぱりおいしかったので結果オーライなのである。めんたいコーンスナックをゲットしてニッコリの3人の笑顔がまぶしい!

狙ったのがポテチだが取れたのはコーンスナック!でもおいしかったのでよし!

 このように、大人も子供もアイドルも、みんながおいしく楽しめる「めんたいパークATC」。明太子が好きな人はますます好きに、あまり食べていなかった人も大好きになってしまうこと間違いなしの「来て楽しい、買って楽しい、食べて楽しい」テーマパークだ!

キャラメル☆リボン

関西で活動する上野天音、深田聖奈、吉仲葵の3人組アイドルグループ。

様々なステージで魅力的な楽曲、重なり合うピュアで透き通った歌声、ハイレベルなダンスパフォーマンスを披露し観客を魅了している。

「大阪なにわの三人娘♪」を謳う彼女たちのキレとクセのあるトークにも注目。

最新single 「Beauty Butterfly/星空と雲」が好評発売中!

◆公式ホームページ http://www.caramelribbonofficial.com/

めんたいパーク大阪ATC

2016年11月にオープンした「めんたいパーク大阪ATC」は、明太子メーカーの「かねふくが運営する明太子専門テーマパーク。「 来て楽しい、買って楽しい、食べて楽しい」をモットーに老若男女が楽しめるおいしさのテーマパークだ!


営業時間 11:00~18:30

入場料金:無料

住所:大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟2F G-1