2019.1.7更新

Kiss Bee WEST 5thワンマンDVD発売記念 稗田智優インタビュー

プレイバック  “-RE:GAME-” 

 2018年5月6日、Kiss Bee WEST 5thワンマンライブ「RE:GAME」が開催された。なんばHatchで開催という発表に、会場中がどよめいた4thワンマンライブから約1年。それは、Kiss Bee WESTにとってこれまでになく大きな変化があった1年でもあった。その間の想いとともに、リーダー稗田智優が改めてライブを振り返る。

Kiss Bee WESTリーダー 稗田智優(ひえだちひろ)  1999年6月8日生

『これがKiss Bee WESTだ!』って勢いを見てほしくて

 1年ぶりのワンマンライブの会場はなんばHatch。Kiss Bee WEST史上最大の会場で行われたワンマンライブを、リーダー稗田智優はどう捉えているのだろうか。

 

--ライブの率直な感想はいかがでしたか?

 

「ライブの最中はあっというまでした。前回から1年あって、その間やってきたこともたくさんあったし、本当にいろんなことがあったけど、そういう事を思い出すまもなく終わっちゃいました。リハーサルとかで感じてた緊張も消えて、1曲1曲に集中している間に終わってしまった、という感じです」

 

--やっぱり普段のライブとはなにもかも違いましたね

 

「今回は入場前のSEもすごくかっこいいいんですよ!照明もすごいこだわってくださって…。セットがあるのもうれしかったです!奥のほうから登場したり、上のスクリーンにロゴが出てたり、憧れてたコンサート感がすごくあって(笑)そんなひとつひとつの事がうれしくて、こんな素敵な場所に立っているんだな、って思ってるうちに終わっちゃいました(笑)」

--今回はバンド編成でのライブでした

 

「バンドのみなさんとの練習は、本番まで3回だけだったんです。その中で、本番前日までのリハでもちょこちょこ確認できない部分があったんで不安だったんですけど…。本番ではバンドの方がバッチリ合わせてくれました! Kiss bee WESTはロック調の曲が多いので、バンドと一緒にすると雰囲気に合うなあって改めて思いましたね」

 

--バンドならではのパフォーマンスというのもありますしね!

 

「アレンジが自由でフレーズの繰り返しとかもできるので、普段のライブに来ていただいているファンの方にも予想がつかなかったと思います。それで盛り上がったって言ってくださる方も多かったです」

--ハードな曲から始まりだんだん可愛く、優しくなっていくストーリー性のあるセトリでしたね。

 

「楽曲の中でもバンドでできる曲、できない曲があるので、その中から厳選して(プロデューサーの)佐々木さんが構成してくださいました。最初はとにかく『これがKiss Bee WESTだ!』って勢いを見てほしくて、テンションが上がる曲から始まっています」

昇格発表は本当に忘れていた!?

--今までは正規メンバー5人、4.5期生の3人など分かれて歌う曲が多かったですが、今回は初めて最初から最後まで8人でのパフォーマンスでした。それは、最後に発表された4.5期生の正規昇格を踏まえてのことだったんですか?

 

「それが、昇格とかの話は本当に全然聞いてなかったんです(笑)ステージについて話し合う機会があった時に、今回も正規と4.5期生に分かれてやるのかどうするか、自分たちで決めてって言われて。みんなでいろいろ話したんですけど、これからは全員でがんばっていくっていう気持ちをこめて、8人でやることをお願いしました。それまで8人でやったことがない曲もあったりしましたけど、それも8人構成に変えたりして」​

-(振付担当の)YURIさんも大変だったでしょうね!

 

「本当に! 前日まで7人構成だった曲とかもあったんですけど、急いで変えてもらったんです。1人増えるだけなんですけど、7人が8人に増えるとすごい大変なんですよ。センターポジションも作れないし」

 

--ただ、やっぱり正規メンバー5人でやってた曲を8人でやると迫力が違いました。ライブ後のTwitterを見ると、ファンの方も「全曲8人だった!」と盛り上がってました。

 

「4.5期生のファンにすると、出れない曲があるのはもどかしい部分があったみたいなんです。もちろん本人たちも同じだったと思います。『ピエロ』を全員でやったのも今回が初めてですし。だから、そういってもらえて本当によかったです!」

--ライブの最後に正規メンバーへの昇格も発表されましたしね!あの、佐々木さんがそれを伝えるのを忘れて帰りそうになったのは確信犯なんでしょうか?(笑)

 

「昇格のことは私たちも知らなかったんですよ! 後で聞くと、佐々木さんはあのタイミングで言うつもりだったらしいんですけど…。来年もなんばHatchでさせていただくことが急きょ決まって、佐々木さんの中ではそのことが何より大きかったみたいで(笑)それを発表したら安心しちゃって、4.5期生の正規昇格を言う前に戻っちゃったみたいです(笑)」

--つまり、素で忘れてたんですね!(笑)

 

「ファンの中では佐々木さんの神演出という人もいるみたいなんですけど…。でも、それぞれが思ったことが真実ということでいいんじゃないでしょうか(笑)」

 

--実際に最後にすごいほんわかしましたからね!

初めての試練。迷いもあった1年間

--4thワンマンからの1年の間にいろんなことがありました。Kiss Bee WESTにとって、メンバーが減るというのは初めてのことでしたよね。

 

「最初からずっと一緒にやってきたメンバー2人だったので、その事実を受け止めるのに時間がかかりました。“わたしがここにいてもいいのかな?”って思うこともあって、自分の中での葛藤がすごくありましたし。ほんとに、最初から一緒にやってきただけといえばそうなんですけど、やっぱり今では考えられないような経験も3人でしてきましたし。お客さんがメンバーより少なかったり、たったひとりだったり。そんなことを一緒に乗り越えてきたメンバーがいなくなって…。でも、隣りを見たら今のメンバーが一緒にがんばってくれてるし、ファンのみんなも背中を押してくれたし。それがあって乗り越えられました」

--このワンマンライブ直前には、体調不良でしばらく休むこともありました。これまで“ちゆうが欠席”という状況もほぼなかったですし、アイドルによくある悪い連鎖みたいなことがあるんじゃないかと、不安になった人も多かったと思います。ただ、すぐに「そういうことはありません」というツイートを出しましたね。

 

「自分のことで心配をかけるのがすごくイヤだったんです。自分ひとりがいないことで振り付けとか構成で他のメンバーに負担をかけることもわかってたので、一刻も早く治さないとって思ってたんですけど、1週間くらいで治すことができました!」

 

--心配してたけど意外に早かった!

「おかげで、なんばHatchでも全曲しっかりでることができました!」

 

--ちゆう不在の間、他のメンバーも普段とは違う経験ができたのではないでしょうか。

 

「普段は自分が入るセンターポジションを経験するのは得るものが大きかったみたいです。逆に、わたしとしては、休みの間とか休み明けで出られない曲の時に初めてKiss Bee WESTを客観的に見る機会があっていろいろ感じることができました。メンバーは歌いながらこういう顔してるんだとか、やっぱりいい曲だなあとか(笑)」

--客席目線で見ることができた

 

「お客さんにこういう顔をを見せてるんだ、この振り付けの時はこういう目線なんだとか、気づくことがすごく多かったんです。そんな発見をすることもできて、私にとっては意味のある休養期間だったと思ってます」

個人的に一番盛り上がったのは『二回目の告白』

--なんばHatchワンマン当日は、卒業した高辻千夏さんも来ていました!

 

「千夏は在籍してた頃からスタイリスト兼メンバーみたいな感じでみんなの髪をいじったりしてくれてたんですけど、あの時も同じようにしてくれたんです。やっぱり千夏がいると助かるなあって思いました。もうスタッフとして来てほしいくらい(笑)でも、元気そうでよかったです。終わった後は“感動した”って言ってくれました。来年も来てくれるって! また、日をあらためてゆっくり話したいなって思ってます」

--個人的に、今回のワンマンライブで一番盛り上がったところはどこですか?

 

「最後に歌った『二回目の告白』です! MCの時とか『僕たちの場所』を歌った時とかも心にくるものがあったんですけど、泣きはしなかったんです。泣かないようにって決めてたわけじゃないんですけど(笑)。でも『二回目の告白』では泣いちゃいました。なんばHatchって広いので客席の声がステージのほうに届きにくいんですけど、みんなが声をあわせてくれて、一生懸命叫んでくれて、それが全身に響いてきて…。お母さんとか家族も一緒に歌ってくれてるのが見えて、最後は涙が出ちゃいました。アイドルじゃない、“ちゆう“じゃない“ちひろ”の素の涙が。この一年間やってきた安心感と達成感も一気に感じられましたし」

--そのいろいろあった1年間で、他のメンバーにもそれぞれの変化が感じられましたか?

 

「みんな本当に成長したなあと思います!10人の時はどうしても正規メンバー、その中でも初期からの3人が前に出て、後ろに4.5期生がいるって感じだったと思います。それが2人抜けたことで、みんながその穴を埋めようという感じになったんです。4.5期生も初めてのポジションを徹夜しながら覚えてくれたり」

 

--いい意味でフラットになった感じはありますね

「みんなが仲良くなったし、絆も深まったように思います。それにわたし自身が、みんながいないと倒れちゃっただろうなってくらいグラグラしてた時があったので、本当に感謝してます」

リーダーが語るKiss Bee WESTメンバー

--メンバーそれぞれに関してはどうでしょうか?

平山花菜(ひらやまはな) 1998年2月14日生

「花菜は私がいない間すごくカバーしてくれてたんですけど、すごい淋しがりやで。お休み期間も、早く帰ってきて~って何度も連絡をくれました(笑)。わたし的には、花菜はわたしがいないとダメなんだろうなって思うし、私も花菜がいないとダメなんです。本当に、今はお互い重要なパートナーになったんだなって思いました。

 

--ざっくりしてるようで、すごく気を使う人という感じがします

「そうなんです!すごい気を使う子で、みんなのことを見てくれてるるんです。わたしが気づかないことにちゃんと気づいてくれるので、頼りにしてます!」

森下ありさ(もりしたありさ) 1998年2月4日生

「行動が読めなくて、最近はありぴワールドにひきこまれがち(笑)。すごく頼りがいがある部分もあるのにすごく抜けてて、そういうところがありさだなって。

--以前はおとなしい印象もあったんですけど、今はどこにいても何をしていても輝いている印象があります。

「最近、どんどん個性が出てきたと思います!ありぴはずっとこのままいてほしい。

山本杏奈(やまもとあんな)2000年7月21日生

「あんなが一番変わったように思います。今はもうグループの中でなくてはならない、唯一無二の存在ですね。見てて、アイドル性というかアイドル精神が高いなって。ステージとステージじゃないときのギャップが一番すごいので、そういう部分もファンの方には見ていただきたいです」

--最近はずいぶんキャラも固まってきたように思いますが。

「そうなんですよ!ちょっと前までは魔界がどうのこうの言ってたんですけど(笑)。だいぶしっかりしてきましたし、バラエティ担当としてがんばってほしいです。ナニワですくすく育ってほしいです!」

GEN_2553_R.jpg

小山涼香(こやますずか) 2001年7月16日生

「すずは1stワンマンで加入したんですけど最初はあんまりしゃべらなくて、人前で歌ったりできるのかなって心配だったんです。でも本当にアイドルになりたいとずっと思ってて、すごく研究究熱心。それに、実は自分の意思をしっかりともってる子です」

--ぱっと見のかわいらしい印象とは、またちょっと違うんですね​。

「自分の中でこれっていうものがあって。こうだよってわたしたちがいっても、“すずはこれ!”っていうことが多いんです。その意思の強さで、これからもっともっと活躍してくれると思います。最近は顔つきも変わってきましたし。あんな子供だったのに、本当に大人っぽくなっちゃって(笑)

平衿華(たいらえりか) 1996年12月30日生

「4.5期生のリーダーとしてみんなをまとめてくれました!でも、すごく頼ってくれるのでかわいい後輩っていう感じです。実は最年長なんですけど。最年長にして子供っぽいところがあって、しごきがいがあります(笑)」

--かわいい最年長ですね!

「もう4.5期生のリーダーではないけど、全体のリーダーの座を狙うくらいにぐいぐいきてほしいです!せっかく同じ土俵にあがったからには。それも面白いかなって思います!」

GG2_9952_R.jpg

「バッシーはアイドル感がすごい!最近すごく磨きがかかってきて、どんどん輝きを増している感じがします!個人的に、次にセンターやるならバッシーかなってくらい。」

 

--初見で目がいって、ファンになったという人も増えてきています!

「普段は目立つタイプじゃないし、ステージでも目立つポジションじゃないのになぜか目がいくんですよね。そんな不思議な魅力があります。これからの成長がすごい楽しみ!」

清水真海(しみずまなみ) 2001年10月30日生

「もうすごく純粋でまっすぐな子!すごい無邪気ないい子です。絶対ブーブー文句言わない。スタッフさんになにか頼まれても、ハイッ!って文句ひとついわずすぐにやる子です」

--そんへんは、他のメンバーがどうなのかは触れずにおきましょう!

「それはそれとして! 清水の“いい後輩感”はすごいです。でも、実はバスケ部でキャプテンをしてたらしくて、しっかりもしてるんです。なにより、本当にがんばりやなのでしっかり見ててあげてほしいです!…本当にかわいいんですよ、清水は!おうちでしているラーメン屋さん(清麵屋)もおいしいし! そちらもぜひ食べに行っていただきたいです!」

#細かすぎて気づかないKiss Bee WESTワンマン(笑)

--最後に、あらためてDVDの見所をお願いします!

入場のSEとか、曲ごとの転換中でわたしたちがはけてる間のバンドさんの演奏とかも見てほしいです! わたしたちも、それを見るのが楽しみで(笑)あういうのってバンドならではですし! パフォーマンスでいうと、メドレーをしたんですけど、あれも次になにがくるかなっていうワクワク感があると思うので注目してほしいです!

GG2_9993_R.jpg

--メドレーの時は色違いのTシャツですごく楽しい感じでした!

 

​「実はあれが初めてメンバーカラーTシャツだったんです! ファンの方がそれぞれ推しのTシャツを着てくれて、ステージから見ててもすごく楽しかったです。Kiss Bee WESTはメンバーカラーの文化があまりなかったんですけど、たまにやるとうれしいなあって思いました(笑)」

GG2_0388_R.jpg

--アンコールの時に『寒いのにも少し慣れてきたからをアカペラで歌いました

 

「1番はピアノ伴奏だけで、それにあわせて振りつけも変えたんです。照明もシチュエーションに合わせて変化したり…。細かい部分にいろんなこだわりがあるので、DVDではそこをしっかり見てほしい!よかったら、“#細かすぎて気づかないKiss Bee WESTワンマン”みたいので盛り上がってほしいです!」

--どんなふうになってるのかすごい楽しみです!ありがとうございました!

​収録 2018年5月25日 

写真・構成/前川元 

「Kiss Bee」オフィシャルサイト

 URL: http://kissbee.net/

「Kiss Bee WEST」オフィシャルTwitter

 アカウント: @KissBeeWEST