HOME >アイドル >取材企画>

2016.11.27更新

Yes Happy!、フルタ製菓本社に行く

幸せのセコイヤカーに出会えば「Yes Happy!」

 セコイヤチョコレートやチョコエッグでおなじみのフルタ製菓本社をYes Happy!が訪問!でっかいお菓子やチョコエッグ開封の儀、幸せになれるセコイヤカーとのご対面など大阪が誇るお菓子の楽園でおおいに楽しみイエス!ハッピー!

※大阪スポーツ連載「OSK 大人の社会見学」をサイト用にアレンジした内容です。

街で見かけると幸せになれるセコイヤカーの前で決めるさやか(左)とこころ(右)

 フルタ製菓株式会社は1952年創業で、関西を代表する老舗製菓メーカーだ。社名は創業者の名字に由来しており、「おいしさと夢と健康を」をスローガンに『セコイヤチョコレート』、『わなげチョコ』、『チョコエッグ』シリーズ等を販売している。チョコエッグ!おそらく食玩ブームの最盛期は売り上げ・クオリティともに2000年~2005年頃だったと思われるが、その魁となったのが卵形のチョコレートの中に動物フィギュアが入った『チョコエッグ』であった。それにまつわるさまざまなエピソードも含め、お菓子好き以外にも、動物好き・模型好き・造形オタクにもなじみが深い製菓会社。それがフルタ製菓株式会社なのである。

 

 その本社所在地は大阪市生野区。天王寺からJRに乗って数分。駅からのんびり歩いてさらに数分の、のどかな町並みの中の川沿いの建物がそれである。歴史ある町工場のような風情が漂う社屋を前に、「すごい!甘い香りがする!」とはしゃぐYes Happy!の2人。美人広報の方に案内されて社屋に入る。受付の方も可愛い!イエスマイスイート!イエスマイスイーテストな感じ!

 それはさておきも、案内されて進む階段など重厚なつくりで、さすが関西屈指の老舗製菓メーカーという感じだ。案内された部屋には、フルタ製菓の代表商品である『セコイヤチョコレート』をはじめ、数々のお菓子が並べられていた。さらにはYes Happy!のふたりでやっと抱えられるほど巨大なセコイヤチョコレートの模型も!

セコイヤチョコレートの由来はセコイアの木!

p1_R.jpg

セーコイヤ~セコイヤ~(ウォウ!)ちょう~巨大なセコイ~ヤ♪

 1976年に発売を開始し、今年で40周年を迎えるロングセラー商品である『セコイヤチョコレート』。その由来を聞くと「小学校の頃、校庭でセコイアの木を見かけた人は多いと思います。それにちなんで、食べたお子さんたちが大きく育つよう願いをこめて『セコイヤチョコレート』になったのです」とのこと。最近でもメタセコイア並木の写真が印刷された滋賀県高島市マキノ高原限定パッケージ版が発売されたり、売り上げの一部を保全活動等に寄付するなどのニュースもあったが、その由来を聞くと納得である。

 なお、『セコイヤチョコレート』はこれまでに13億本を越える販売数を誇り、それをすべて横につなげると地球3周半にもなるとか。こう宇宙規模な例えになると、「セコイヤ」という名前も「セコイヤ粒子」とか「第32植民惑星セコイヤ」とか「セコイヤフォーミング」とかのSF用語にも思えてくるのはこちらがボンクラなせいである。とにかくも、40年の歴史を誇る「セコイヤチョコレート」。現在は「ミルク」「いちご」などの定番物3種と、一風変わった企画物1種で展開しているとのこと。

ミルクにいちごにビターに抹茶…。豊富な種類がラインナップ!人気の『朝セコ』も!

 また、現在大人の女性にも好まれる商品として『朝のセコイヤチョコレートプラス』も人気だとか。略して『朝セコ』。「グラノーラを練りこんでカルシウムを強化してるので、忙しい朝の栄養補給に最適です!」とのことで、セカセカしがちな忙しない朝も朝セコでバッチリ!というわけだ。さらに、「通常のセコイヤチョコレートもウィスキーやブランデーと合いますから、大人の方もお楽しみになれますよ」とも教えていただいた。確かにハイボールとセコイヤチョコとかすごくよさそうだ。言い方を変えると「炭酸の飲み物とチョコレート」である。絶対いいに決まってる。セコイヤ呑み、もっといろんなところで提唱していきたい。

気になるお菓子がいっぱいあるある!

 『セコイヤチョコレート』についての説明をお聞きして、改めて他のお菓子を見ると知ってるものがたくさんある。中には「これもフルタ製菓さんだったのか!」と驚く物も。なつかしの『わなげチョコ』に『生クリームチョコ』や『エブリワン』などなど、テンションの上がるお菓子がいっぱい!

生クリームチョコはコーヒー等はもちろんお酒にも合うはず。とまらなくなるおいしさ!

『セコイヤチョコレート』以外にもお菓子がたくさん!でっかいエブリワンも!

 まさにお菓子の楽園である。Yes Happy!もテンションあがりっぱなしだが、2人には大きなミッションが用意されている。フルタ製菓といえば忘れてはいけないのが『チョコエッグ』。そう、『チョコエッグ』の中身当て対決をしてもらわねばならないのだ!

当てるぜ!チョコエッグ対決!

『チョコエッグ』対決を前にやる気まんまんの2人

用意されたの『チョコエッグ』は「チョコエッグ ディズニー/ピクサー」だ!

 ここで、あらためて『チョコエッグ』の説明を。チョコレートで作られた卵をパカッと割ると、中から出てくる精巧なフィギュア。人気商品『チョコエッグ』が発売されたのは1999年なので、先に述べた食玩ブームのまさにハシリといえる存在である。以降は多彩なラインナップのフィギュアが作られ、子供も大人もコンプリートに夢中になったものだ。

 

 そして、今回用意されたのは「チョコエッグ ディズニー/ピクサー」。これまた女の子にもウケそうなやつ!さやかが「私はニモがほしいです!」といえば、こころも「私はサリー!」とそれぞれ希望を出す。ところが、このチョコエッグに関しては別の工場で製造されるため社員でも中身は判らないと言う。そこで、「チョコエッグ中身当て対決」なのである。当然、自分がほしいものを当てたほうが勝ち!「勝負はともかく、とにかくほしいものがほしい!」という、これよく考えたら勝負とかじゃなくてもいいいよなという空気の中、それぞれ箱を手にとってチェックしだした。

真剣に箱を振って確かめるさやか。まあ、これやってもあんまり関係ないんだけどね!

 箱を振ったり重さを比べたり、通じるか不明だが祈ったりして真剣に箱を選ぶ2人。しばし悩んだのち、「いけます!」「これで!」と、それぞれ開ける箱を決定した。いよいよ『チョコエッグ』開封の儀の始まりである。微妙な緊張感がただよう。箱を開け、卵の包装をペリペリはずし、チョコの卵をパカッと割る。それにしてもきれいに割れるなあ。このへんも、どんどん進化しているようだ。そう思ってるうちに、2人が卵の中のカプセルを開けて中身を取り出した!

サリーを当ててびっくりのさやか。本当に、驚くほどのひきのよさ!

 取り出したのは、さやかがサリー、こころがニモ!奇しくも、お互いがほしいキャラをそれぞれ当ててしまったのだ。まわりからどよめきが起こる。なんというひきの良さ!なんというコンビ愛!「やったー!」と歓声をあげて、2人は互いのフィギュアを交換。美しい風景である。

p4_R.jpg

お互いがほしいものをゲットしたので、笑顔で交換する2人。素晴らしい!

 『チョコエッグ中身当て対決』は、お互いのほしいものを当てた2人が交換し合うというハッピーな結末となった。勝負より尊い結果がある。そう教えられたような気がした。いいものを見させていただいて、実に幸せな気分である。そこに、美人広報からさらなる幸せの提案が。曰く、「街でみかけると幸せになれるセコイヤカーをご覧になりませんか?」。セコイヤカー?目が点になる一同。「セコイヤチョコレート仕様の車があるんです」。それは見たい!イヤカー?と言われても、全然イヤじゃないから!

セコイヤカーにご対面!

 表に出てみると、そこにはセコイヤチョコレートをのっけた車が!「すごい!かわいい!」と目を輝かせるYes Happy!の2人。こんなレアな車に会えるとは嬉しいったらありゃしない。しかも幸せになれるのだから、見学に来させていただいて本当によかった!

セコイヤカーと一緒にポーズを決めるYes Happy! これでハッピー間違いなし!

 ご満悦で記念写真を撮っていると、むこうから背広姿の社員さんが戻ってこられた。ご苦労様です!そう思っていたら…「社長の古田盛彦です」と広報さん。げっ!社長!とこち亀の「げっ!部長!」風にびっくりしたが、こちらはニコニコ優しそうな社長さんである。せっかくなので記念写真よろしいですか?ということで、セコイヤカーの前で社長と一緒に記念写真!最後はおみやげもたくさんいただき、実にスイートでハッピーな社会見学となりました!

古田社長とYes Happy!で記念写真!ハッピーがさらに増えました!

P7_R.jpg

Yes Happy!

左 こころ 右 さやか

2011年より活動開始。関西や地元島根を中心にライブやMC、ラジオパーソナリティなど多方面で活動中!島根県松江市観光大使も務める。レギュラー番組「Oh!二度漬けラジオ」(YES-fm)定期イベント「Yes Happy!のATCアイドル☆ミーティング」

​公式ツイッター https://twitter.com/UFK_YesHappy

フルタ製菓株式会社

<本社所在地>〒544-0023 大阪市生野区林寺6丁目7番22号

<代 表 者> 代表取締役社長 古田 盛彦

1952年創業、社名は創業者の名字に由来している。「おいしさと夢と健康を」をスローガンにセコイヤチョコレート、わなげチョコ、「チョコエッグ」シリーズ等を販売。関西を代表する老舗製菓メーカー。